::class-exe

Tag: Memo

iOSヘルスケアアプリに体重データを一括入力する

October 13, 2018

利用していた体重記録アプリがiOSヘルスケアアプリに対応しませんでした。そこでエクスポートした体重データをヘルスケアアプリに一括入力してみました。

体重データをエクスポートする

シンプル・ダイエットというアプリから体重データをエクスポートします。データはGoogleドライブに保存されます。‎エクスポート元アプリはこちらです。

「シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜」

以下のようなカラムでエクスポートされました。

エクスポートデータを編集する

今回はエクスポートしたデータを、ヘルスケアアプリに対応した別の体重記録アプリにインポートさせます。インポート先アプリはこちらです。

「RecStyle -ダイエット・体重管理-」

RecStyleは以下のようなフォーマットで扱われています。

体重、体脂肪率のデータをRecStyleData.csvの対応するカラムに貼り付けます。SimpleWeight-Export.csvとRecStyleData.csvのフォーマット違いは以下3点ぐらいでした。

  • A3セルにデータ数を入れる。
  • RecStyleData.csvの日時にはSimpleWeight-Export.csvと違い日付しかない。つまりインポート時に時刻は落ちてしまう点に注意。
  • RecStyleData.csvにはBMIのデータがある。

編集した体重データをインポートする

Dropboxに保存した編集済みRecStyleData.csvをRecSytleにコピーするかたちでインポートさせます。

うまくRecStyleにインポートできました。

インポートできたら、ヘルスケア連携を有効にします。

ヘルスケアアプリで体重データを確認する

体重データがインポートされたらヘルスケアアプリで確認してみます。うまくいけば以下のように表示されます。

さいごに

ヘルスケアに対応していないシンプル・ダイエットですが、詳しい経緯は公式サポートページに記載されていました。

iOSの「ヘルスケア」の対応について | シンプル・ダイエット

LINEのリッチメニューの表示期間を変更する

October 6, 2018

LINEのリッチメニューが便利なので設定していますが、表示期間を過ぎると再設定が必要です。いつもどこで設定するのか忘れてしまうのでメモを残します。

LINE@マネージャーにログインします

LINE@マネージャー

リッチメニューを編集します

  1. アカウント一覧から編集したいBotを選択します。000f9bfee871b5d9e757024ca39092a9
  2. 左ペインからリッチコンテンツ作成を選択します。679d1f6ebf4c853a94e53283aba2437c
  3. 編集したいリッチメニューを選択します。select_the_rich_menu

表示期間を変えます

適切な表示期間に変えましょう。

33e31752d8060e061a9a32f06f897bbc

ドキュメントに書いてありました

リッチメニューを設定したくて、LINE@マネージャーではなくLINE Developersにログインしてしまうことが多かったです。探してみたらデフォルトのリッチメニューについてはドキュメントに書いてありました。

LINE@マネージャーで設定する

さくらのVPSでストレージのリソースが制限されてた

August 12, 2017

このブログの読み込みがなぜか重かったので、さくらのVPSのコンパネを確認したら、ストレージのリソースが制限されていました。

restriction

かくにん

リソースの制限についてはこちら。

リソース制限表示について – さくらのサポート情報

月曜日からDISK I/Oの負荷が増え始めて、水曜日に制限され始めたようです。同じサーバではこのブログ以外に自分専用にMastodon1も動かしています。どちらかと言えばMastodonのほうが高負荷そうです。

disk_io

ためす

負荷が高そうと予想されるMastodonをとりあえず止めてみます2。バージョンはv1.4.7でした。

$ docker-compose stop
Stopping mastodon_sidekiq_1 ... done
Stopping mastodon_streaming_1 ... done
Stopping mastodon_web_1 ... done
Stopping mastodon_db_1 ... done
Stopping mastodon_redis_1 ... done

さいかくにん

土曜日12時頃に止めたところDISK I/Oの負荷が減りました。その一時間後にはリソース制限も解除されました。

disk_io_2

といっても、Mastodonを止め続けておくわけにはいかないので、DISK I/Oへの高負荷の原因をあとで調べないといけないです。


  1. tootsuite/mastodon: A GNU Social-compatible microblogging server 
  2. 止める前にsidekiqのログとか見ておけばよかったですね。 

Crowi(crowi-plus)をインストールした

July 27, 2017

素でMarkdownが使えるWikiのCrowi1を自宅のNUCにインストールしてみました。正確にはCrowiではなくcrowi-plus2ですが。環境は次の通り。

  • Ubuntu Server 16.04 LTS
  • Intel NUC Kit D54250WYK

Dockerのインストール

Dockerを使ってインストールしてみます。

$ sudo apt install docker
$ sudo apt install docker-compose
$ docker -v
Docker version 1.12.6, build 78d1802

crowi-plusのインストール

READMEどおりに、インストールしてみます。

$ git clone https://github.com/weseek/crowi-plus-docker-compose.git crowi-plus
$ cd crowi-plus
$ docker-compose up

すると、エラーが出ます。

ERROR: Version in "./docker-compose.yml" is unsupported. You might be seeing this error because you're using the wrong Compose file version. Either specify a version of "2" (or "2.0") and place your service definitions under the `services` key, or omit the `version` key and place your service definitions at the root of the file to use version 1.
For more on the Compose file format versions, see https://docs.docker.com/compose/compose-file/

やりなおし

古かったようです。ということで、Dockerの公式マニュアルにそってやりなおします。

Get Docker CE for Ubuntu | Docker Documentation

$ sudo apt remove docker-compose
$ sudo apt remove docker
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"
$ sudo apt update

準備できたので、インストールしなおします。

$ sudo apt install docker-ce
$ sudo -i
# curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.14.0/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` > /usr/local/bin/docker-compose
# chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
# exit

今度こそ大丈夫そうです。

$ docker -v
Docker version 17.06.0-ce, build 02c1d87

だめです

大丈夫じゃなかったです。

$ docker-compose up -d
ERROR: Couldn't connect to Docker daemon at http+docker://localunixsocket - is it running?

こちらを参考にdockerグループにユーザーを追加します。

Dockerコマンドをsudoなしで実行する方法 - Qiita

つながらないです

localhostからだけだったので、docker-compose.ymlのポートのマッピングを変更しました。

$ git diff
diff --git a/docker-compose.yml b/docker-compose.yml
index dae65d3..d176205 100644
--- a/docker-compose.yml
+++ b/docker-compose.yml
@@ -6,7 +6,7 @@ services:
       context: .
       dockerfile: ./Dockerfile
     ports:
-      - 127.0.0.1:3000:3000
+      - 3000:3000
     links:
       - mongo:mongo
       - redis:redis
$ docker-compose ps
          Name                         Command               State           Ports          
-------------------------------------------------------------------------------------------
crowiplus_app_1             dockerize -wait tcp://mong ...   Up      0.0.0.0:3000->3000/tcp 
crowiplus_elasticsearch_1   /docker-entrypoint.sh sh - ...   Up      9200/tcp, 9300/tcp     
crowiplus_mongo_1           docker-entrypoint.sh mongod      Up      27017/tcp              
crowiplus_redis_1           docker-entrypoint.sh redis ...   Up      6379/tcp
$ sudo lsof -i:3000
COMMAND     PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
docker-pr 25053 root    4u  IPv6  93412      0t0  TCP *:3000 (LISTEN)

できました

install

Ubuntu on NUCでWi-Fi接続した

July 24, 2017

Ubuntu Server 16.04 LTSをインストールしたNUCでWi-Fi接続してみました。環境、バージョン等は以下の通り。

iwconfigを利用可能にする

iwconfigはwireless-toolsパッケージに入っているようです。

$ iwconfig
The program 'iwconfig' is currently not installed. You can install it by typing:
sudo apt install wireless-tools
$ sudo apt install wireless-tools

iwconfigでWi-Fiモジュールを確認する

iwconfigでWi-Fiモジュールが確認できました。wlp2s0というインタフェースのようです。

$ iwconfig
lo        no wireless extensions.

eno1      no wireless extensions.

wlp2s0    IEEE 802.11abgn  ESSID:off/any  
          Mode:Managed  Access Point: Not-Associated   Tx-Power=0 dBm   
          Retry short limit:7   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Power Management:on

wpa_passphrase, wpa_supplicantを利用可能にする

wpasupplicantパッケージをインストールします。

$ sudo apt install wpasupplicant

設定情報を作成する

wpa_passphraseでパスフレーズを暗号化して、設定情報をwpa_supplicant.confというファイルで保存します。

$ wpa_passphrase "ESSID" "passphrase"
network={
    ssid="ESSID"
    #psk="passphrase"
    psk=d5b7ea2dda330fb59753d126e0b98bc968644423abb76bb52374a027718219c6
}
$ wpa_passphrase "ESSID" "passphrase" > wpa_supplicant.conf

お家のアクセスポイントはSSIDがステレスなので、scan_ssid=1を追記しています。

wpa_supplicantコマンドで接続する

wpa_supplicantコマンドでアクセスポイントに接続します。

$ sudo wpa_supplicant -i wlp2s0 -c wpa_supplicant.conf -B

そして、DHCPクライアントでIPアドレスを取得します。

$ sudo dhclient wlp2s0

起動時に接続するようにする

こちらを参考に、systemdサービス用に、wpa_supplicant@wlp2s0.serviceを作成します。参考ページの記載とほぼ同じですが、wpa_supplicantのパスを/sbin/wpa_supplicantにしているのと、ExecStartPostdhclientを追記しています。

$ sudo mv wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlp2s0.conf
$ sudo vim /etc/systemd/system/wpa_supplicant@wlp2s0.service
[Unit]
Description=WPA supplicant daemon (interface-specific version)
Requires=sys-subsystem-net-devices-%i.device
After=sys-subsystem-net-devices-%i.device

[Service]
Type=simple
ExecStart=/sbin/wpa_supplicant -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-%I.conf -i%I
ExecStartPost=/sbin/dhclient %i

[Install]
Alias=multi-user.target.wants/wpa_supplicant@%i.service

無線インタフェースだけで運用する

有線を繋げていないと起動時にStarting Raise network interfaces...で待たされてしまうので、networking.serviceを止めてしまう。

$ sudo systemctl disable networking.service

追記

こっちのほうが適当そう。eno1をコメントアウトする。

/etc/network/interfaces
# The primary network interface
# auto eno1
# iface eno1 inet dhcp

参考ページ

NUCのBIOSをアップデートした

July 24, 2017

Intel NUC Kit D54250WYKのBIOSが古かったのでアップデートしてみました。

Ubuntu Server 16.04 LTSをD54250WYKにインストールしたところ、ブートがうまくいかなかったので、試しにBIOSをアップデートしてみました。1

bioファイルをダウンロード

ダウンロードページからWY0045.bioをダウンロードします。ダウンロードしたら適当なメディア(USBメモリ等)に保存します。
ダウンロード BIOS アップデート [WYLPT10H.86A]

bioファイルを選択

BIOSスクリーン上にBIOS Versionが記載されているので、右端のUpdate >を選択して、保存したbioファイルを選択する。2

visual_bios

BIOSをアップデート

選択後、BIOSスクリーンを出てからアップデートが始まります。

参考ページ

D54250WYKにUbuntuを入れてみたが、シャットダウンできない... - tuttitanの日記


  1. 結局、ブートできるようになったけどBIOSをアップデートしたおかげなのかは不明。 
  2. スクリーンショットはバージョン 0045にアップデートした後のもの。 

QNAP NASにDokuWikiをインストールした

May 15, 2017

QNAP NASにDokuWikiをインストールしたときのメモです。

バージョン

使用しているNASは以下の通り。

  • Model: TS-219P II
  • QTS: 4.2.3

アプリ

QTSからDokuWiki - Beta1というアプリが用意されているのでインストールします。

下記ディレクトリにあります。

home/Qhttpd/Web/dokuwiki/

アップグレード

DokuWikiのバージョンが古かったのでアップグレードします。

アップグレードはプラグインを使用しました。

plugin:upgrade [DokuWiki]

以下はアップグレード時のエラーについて。

書き込み権限で失敗する

ほとんどの更新ファイルが権限がなく書き込みができないので、httpdusrの権限を変更しました。

ダウンロードしてきたファイルが展開できない

プラグインは下記から更新用アーカイブを手に入れますが、展開に失敗するのか更新ファイルがあるディレクトリが空っぽ2になってしまいます。そのため、なんのファイルも更新できずに、アップグレードが終了します。

https://github.com/splitbrain/dokuwiki/archive/stable.tar.gz

対応として、自前で展開させたら、とりあえずうまくいきました。

# cd /home/Qhttpd/Web/dokuwiki/data/tmp
# tar -xzf dokuwiki-upgrade.tgz
# mv dokuwiki-stable/ dokuwiki-upgrade

  1. https://www.qnap.com/en-in/app_releasenotes/list.php?app_choose=DokuWiki 
  2. ディレクトリが空っぽの理由は不明。 

Dockerでメールサーバーを建てたときのメモ

April 30, 2017

メールサーバーをDockerで建ててみました。

imageとか

全部入りなimageを利用しました。

tomav/docker-mailserver: A fullstack but simple mailserver (smtp, imap, antispam, antivirus, ssl...) using Docker.

建て方はREADME.mdを参照

ハマったこと

接続できなくなる

接続に失敗1しすぎて、fail2banというソフトからBANされてました。

/var/log/fail2ban.log

2017-04-29 13:01:33,060 fail2ban.filter         [1022]: INFO    [dovecot] Found 203.0.113.0
2017-04-29 13:02:15,153 fail2ban.filter         [1022]: INFO    [dovecot] Found 203.0.113.0
2017-04-29 13:04:02,309 fail2ban.filter         [1022]: INFO    [dovecot] Found 203.0.113.0
2017-04-29 13:04:03,302 fail2ban.actions        [1022]: NOTICE  [dovecot] Ban 203.0.113.0

Let's Encryptの設定

推奨されているLet's EncryptをSSLに使う場合、wikiに書かれている通りLet's Encrypt関連の全体を含むパスの指定がdocker-compose.ymlに必要でした。ここを間違うと、つながるけど不正な証明書が届いたりしました。

volumes:
- /etc/letsencrypt:/etc/letsencrypt:ro

できあがったdocker-compose.yml

docker-compose.yml.distとの差分は以下のようになりました。

--- a/docker-compose.yml.dist
+++ b/docker-compose.yml
@@ -2,9 +2,9 @@ version: '2'
 
 services:
   mail:
-    image: tvial/docker-mailserver:2.1
+    image: tvial/docker-mailserver:latest
     hostname: mail
-    domainname: domain.com
+    domainname: netaka.net
     container_name: mail
     ports:
     - "25:25"
@@ -15,12 +15,14 @@ services:
     - maildata:/var/mail
     - mailstate:/var/mail-state
     - ./config/:/tmp/docker-mailserver/
+    - /etc/letsencrypt:/etc/letsencrypt:ro
     environment:
     - ENABLE_SPAMASSASSIN=1
     - ENABLE_CLAMAV=1
     - ENABLE_FAIL2BAN=1
     - ONE_DIR=1
-    - DMS_DEBUG=0
+    - DMS_DEBUG=1
+    - SSL_TYPE=letsencrypt
     cap_add:
     - NET_ADMIN
     restart: always

そしてuser@exmaple.comのメールアカウントを作成した場合、メールクライアント2での設定は以下のようになりました。


  1. 単純にユーザー名等を間違えてただけでした。 
  2. 図はmacOSのメール バージョン10.2 (3259)