LINEでベクターキャノンを準備してもらう

LINEのMessaging APIで、ボットにセリフを喋ってもらいます。

ボット用アカウントをつくる

LINE Business Centerでボット用アカウントを作ります。詳しくは割愛しますが、個人用だったのでDeveloper Trialで作っています。
LINE Business Center

HTTPSが使えるサーバを準備する

Webhook使ってメッセージを受け取るので、HTTPSで受け取れるようなサーバを準備してください。

ボット用のSDKを手に入れて、実装する

便利なSDKがあるのでinstallしましょう。
line/line-bot-sdk-python: SDK of the LINE Messaging API for Python.

Usage:にサンプルがあるので利用します。セリフを喋るためにちょっと手を加えたのがこちらです。

できました

こちらが「ベクターキャノン」と言うと、ボットは某ゲームのセリフを喋ります。