class.exe

Ubuntu on NUCでWi-Fi接続した

Ubuntu on NUCでWi-Fi接続した

Ubuntu Server 16.04 LTSをインストールしたNUCでWi-Fi接続してみました。環境、バージョン等は以下の通り。

iwconfigを利用可能にする

iwconfigはwireless-toolsパッケージに入っているようです。

iwconfigでWi-Fiモジュールを確認する

iwconfigでWi-Fiモジュールが確認できました。wlp2s0というインタフェースのようです。

wpa_passphrase, wpa_supplicantを利用可能にする

wpasupplicantパッケージをインストールします。

設定情報を作成する

wpa_passphraseでパスフレーズを暗号化して、設定情報をwpa_supplicant.confというファイルで保存します。

お家のアクセスポイントはSSIDがステレスなので、scan_ssid=1を追記しています。

wpa_supplicantコマンドで接続する

wpa_supplicantコマンドでアクセスポイントに接続します。

そして、DHCPクライアントでIPアドレスを取得します。

起動時に接続するようにする

こちらを参考に、systemdサービス用に、wpa_supplicant@wlp2s0.serviceを作成します。参考ページの記載とほぼ同じですが、wpa_supplicantのパスを/sbin/wpa_supplicantにしているのと、ExecStartPostdhclientを追記しています。

無線インタフェースだけで運用する

有線を繋げていないと起動時にStarting Raise network interfaces...で待たされてしまうので、networking.serviceを止めてしまう。

追記

こっちのほうが適当そう。eno1をコメントアウトする。

参考ページ